脆弱最底辺

涙腺脆弱。記憶力ゼロ

Music Ready Sparking! 感想

8月31日にリリースされた、
KING OF PRISM by Pretty Rhythmのエーデルローズ新入生による初のソロ曲が収録されたアルバム「KING OF PRISM Music Ready Sparking! 」の感想です。
自分用のメモも兼ねてるので面白味はないです。


各楽曲の前にはそれぞれ1分程のメッセージがあります。
まず最初に思ったのが、どういう立場、関係の人に向けて話しているのか。
そして音の反響具合。
まるで小さい部屋で録っているかのような響きをしています。

それを踏まえて考えてみて、私が辿りついたのは深夜にMVをたくさん流していてたまにアーティストからのコメントがあるような音楽番組。

「皆さん」と言ったり「たくさん聴いてくれて」と言っていたりファンに向けて呼び掛けるような距離感だったり。
スタッフとの会話をそのまま流しているようなやり取りも深夜っぽい気がします。

プリズムショーはスポーツのようなものなのでこれだとアイドル寄りになってしまうんですけど。
夜の音楽番組という具体的な例を出しましたが、深夜の音楽番組に限らずそういうコメント撮りだと考えるのが一番個人的に納得出来る結論です。



各曲触れていきますが、ツッコミどころの多いものほど長いです。



▽一条シン (cv:寺島惇太)

#メッセージ
動揺するところが可愛いんですけどその動揺を引っ張らずに言いたいことが頭に浮かんだらすぐそれを口にしてるところが好きだなあって思いました。


#Sweet Sweet Sweet
まずピアノとギターのイントロで一瞬ウエディングソングかと思ってそこから楽器が増えてもうそれだけでちょっと泣きそうになりました。
ドラマチックLOVEの時はちらほら「Love so sweetを彷彿とさせる」みたいな呟きを見掛けたのですがこれはOne loveを彷彿とさせる気がします。

「愛だとか恋なんて ずっと先と思ってた」から始まり歌詞がとにかくピュアで無邪気で可愛くて、惇太くんの歌い回しも絶妙で胸がぎゅっと掴まれる。
ドラマチックLOVEの時にも仰っていましたが本当に細かくディレクションされてるようで随所でキュンとさせられます。

1番の歌詞は無邪気さが見えて、
2番の歌詞で悩みが見えてギャップで死にそうです。


この宮嶋淳子×YuのドラマチックLOVEタッグ定番と化している、2サビ後畳み掛けるようにCメロが来る展開。
嗚咽が漏れるどころではなかった……引くくらい声上げて泣きました……ピュアピュアできゅんきゅんでときめき過多です……歌詞も相まって本当に例えようのない切なさが襲って気が付いたらわんわん泣いてる。


正直なことを言うと私、最初シンくん苦手だったんです。
シンくんが、というよりシンくんみたいなタイプの主人公が元々苦手で、キンプリにおいてはシンくんが主人公で、
Flavorで泣かされたあとでシンくんが出てきてプリズムショーを始めて、本当にあの場にいた客と同じような気持ちだったんですよね。
でもその後オバレが来て女子映像が来てまた泣かされて。
この怒涛の展開があったおかげで苦手意識が無くなったんですよ。
これはもうプリティーリズムシリーズにはよくあることですよね。
なんなのこの子……と思っていたらいつの間にか好きになっている。
本当にキャラメイク、ストーリー作りが上手い。
今回はそこで更にこの曲を聴かされてうっかりシンくんの夢女になりそうなくらい好きになりました。


何故シンくんが恋愛色の強い曲を歌ったりそういう企画があったりしたのか首を傾げていましたがこんなに良曲を持ってこられたらもう何も言えません。本当にありがとうございました……!!




▽太刀花ユキノジョウ (cv:斉藤壮馬)

#メッセージ
しっかりしてますね……安心しますね……と思っていたら自ら地雷を踏んでしまうところがやっぱり抜けてるところがあるんだなあ……と思わせられますね。
なんだかんだいって父親の事は嫌いとかではないんでしょうね……


#アゲハ蝶、夢舞い恋しぐれ
メッセージの動揺からのこの頭サビですよ……!!芯の通った力強い歌で鳥肌が立ちました……間奏で思わず拍手しましたよね……

全体通して言えるのはとにかくブレスが際立たせてあって色気がすごい。ラスサビ頭は特にゾッとしますね。


2Aラストの「─時が止まればいい─」から2Bの歌詞「嗚呼 濡れたつま先まで 艶やかであるように 薫りを忍ばせて」がものすごくドキッとするんですよね……
曲調から尊さを感じてついサビで「あなたのお傍へ参りましょう」と言ってくれてる事を忘れてしまいますがこの辺は距離が近い感じがしてそれを思いださせてくれます。




▽香賀美タイガ (cv:畠中祐)

#メッセージ
もうね……どこから突っ込んだらいいか分かりませんが
「どいつもこいつもなんでニヤニヤしてやがるんだよ……」とタイガに言われるくらいニヤニヤせざるを得ない内容でした……
シンくんとユキ様がちゃんとしてるから作業BGMにしてるとタイガの喘ぎで「あれ?今私BLCD聴いてるんだっけ?」と錯覚します……


#レジェンド・ワールド
爽やかなロックって感じのイントロからの、


「それは一秒間の出来事 息が止まるくらいの衝撃」


恋じゃん。
恋でしょそれ。恋しちゃったんでしょ!?

と誰もが思ったに違いない。
なんて歌詞書くんだ……さすが過ぎる……


「あの日 初めて触れた 神輿のハナ棒」
ここピアノが主張して和風なメロディになるのがたまらなく好きなんですよね~~
ここでみんな「神輿のハナ棒」って何?って検索したと思うんですよ。


神輿 花棒 検索

一番目立つ位置。
一度は担いでみたい場所。
ここを担げば征服感が味わえる。


なるほど……これを踏まえて2Aの「男なら一度は憧れる バトルの末に挑む頂上 野心じゃなく志さ」を聴くとまた違う印象を受けますね……


あー!!出た!!!!畳み掛けるCメロ!!!!はい泣いた!!泣きました!!強い!!さすが!!降参!!

もう歌声がとにかく真っ直ぐで、思いの強さがすごい槍となって刺さるんですよね。
シンくんに心臓を掴まれてタイガに心臓を刺される……


歌詞を見ると「バーニン」や「レビテーション」「ブレイキング」などカヅキを連想するワードが入っている事は分かりやすいんですけど実はそれだけではなくて。

他の子達の曲の歌詞を見てみると

チャラエモ「プライベートジェットGift for you☆」
レジェワ「バーニン for you」

Zeus♂「Legendスター」
レジェワ「レジェンド・ワールド」

Sweet「たった一人との出会いが 世界を全部変えたんだ」
レジェワ「息が止まるくらいの衝撃 乗り越えたい人ができた」

Home sweet「あぁ 東の空が光り出した」
レジェワ「雄叫びあげた 朝の陽に」

アゲハ蝶「ふわり ふわり」
桃色「キュン!キュン!」
レジェワ「パチン」

タイガきゅんこれ他の子達の歌詞見たりした??無意識に参考にした?とおちょくりたい気持ちになりますが曲を聴くとただただ歌で殴られて何も言えなくなります。はい。




▽十王院カケル (cv:八代拓)

#メッセージ
たくちゃんの言葉を発する時のニュアンス?がとにかくかわいいのでとりあえずかわいいポイントをピックアップします。

「聴いてくれたかにゃ~?」
あざとい。かわいい

「かっこいいっしょー??」
オタクみを感じる。かわいい

「パーリィー」
破裂音かわいい

「とびっっっきり」
かわいい。女児みを感じる

「シックヨロ~~☆」
音めっちゃ反響してる。かわいい


「とびっっきりかわいいコーデで遊びに来てね~!」脳内で赤眼鏡空間でのお着替えが始まる


#Groovin' Chara-Emo Night
最初はただただぶっ飛んでるなと思いました。
そしてサビ前の「ハートでしょ?」の張り上げがちょっと切なくてとてもたまらない気持ちになる。
ちょっとキツそうな表情とかされたら絶対に私は死ぬ。
「Be with U」はまた切なさがガンと上がって泣きそうになります。



この曲は別の言葉に聴こえるように歌われてる箇所があって


甘いワナ kiss×kiss your lips

I wanna

どうよ Love me?

Do you


意味はあまり変わらないけれど、歌詞通りだとチャラさがあって、「I wanna」「Do you」になることでちょっと丁寧な感じがして、真面目というか一男としての顔とカケルとしての顔を持つ彼らしくて好きです。

作詞作曲はコウジ~!!なprideは歌詞内に「いと」と「ヒロ」が入っててゾッとした記憶がありますが
(「独り占めした“いと”感じた瞬間に」「運命を“ひろ”げよう」)
これはいとちゃんと出会う前に作られた曲であり、偶然であり運命的な感じがしますが、カケルは隅から隅まで意図的なんですよね。


あと「最Cute Girl」。この言葉のチョイスがすごい好きです。




▽鷹梁ミナト (cv:五十嵐雅)

#メッセージ
今回のアルバムは「大切な人を考えながら歌う」という課題。

#Home sweet Home
ラジオで聴いた時にやっぱり泣いてしまったんですよね……とにかくあったかい。クーラーがガンガンに効いてようが胸の中に広がるあたたかさで泣いてしまう。

「大好きなものも 嫌いなものも 僕はちゃんと知ってるよ」
監督が「いきなり嫌いな食べ物を出して嫌なやつだよね~」みたいな事を言ってたのを思い出しました。
全部ちゃんと知っているけどだからこそ嫌いな食べ物も食べやすく調理してくれる優しさ。
私の偏食もどうにかしてほしいものです……


この曲を素で歌えるような母親になれたら素敵だなと思いますが生憎結婚の予定も無ければもう恋をする予定もないので誰か私のママになってこれ歌って~~~ねえママ~~~

……なんか余計泣きそうになりました。




▽西園寺レオ (cv:永塚拓馬)

#メッセージ
「たくさん聴いてくれて~」たくさん聴いている事前提なのか……


#桃色MAXジャンプ!
まず歌詞カード詰め詰めでびっくりしました。ワクワク感が高まります。
そこからのカウント。可愛い。

そしてそこそこの早口で畳み掛けてきますがそれをものともせずスラスラと歌っているように聴こえるのはさすがながにゃん……ボイトレ頑張ってるもんなあ……としみじみしました。


試聴時はサビ頭が渚のバルコニーのメロディで後半あたりはあややのイメージだったのでちょっと前の年代を想像させる曲かと思ってたんですけどフル聴くとちょっと前山田みを感じて全然最近でした。


最後畳み掛けられた後の「しよっ!!」がめちゃくちゃ可愛い……これは完全に「……しよ♥」だった……うん、する……




▽涼野ユウ (cv:内田雄馬)
#メッセージ
「よお!お前ら!待たせたな!」いきなり上からで笑ってしまった……可愛い。

「俺が作詞作曲!」
『「作詞作曲は~??」「ゼウス~~!!」』がしたくなります。

「ちょぉっと手こずったが」絶対そこそこ悩んでるよね……かわいいね……

雑誌でも言ってたけどセルフプロモーション……頭が良いのがよく分かるね……ゼウスはどうかと思うけどね……

「プリズムキングになるのはこの俺!!ゼウスだ!!」
やっぱり今回のソロはマイソングなんですかね??色々想像しちゃいますね……
曲が作られたからにはみんなのショーが見れるという事でいいんでしょうか……


#Zeus♂ ~俺は最強スター~
もう歌声がとにかく楽しそうなんですよね。
ディレクションは「もっとドヤって!!」だったらしいんですけど楽しそうで可愛いのにたその歌の上手さが有無を言わさないというか自信満々さに納得せざるを得なくなるというか。

私ずっとたその歌はお堅いキャラ(SideMの桜庭薫のことです)の曲を聴いてきて、ライブパフォーマンスの熱さで落ちた人なんでドラマチックLOVEが新鮮だったんですよね。
それから円盤ショートアニメのドLOVEアカペラで初めて膝から崩れ落ちるという体験をしたので今回もっと殴られる覚悟でいたんですがわりと大丈夫でした……


歌詞は最初からもう中二病感が出ててちょっとふふっとしてしまうんですけどふふってなるのはそこまでで、もうね~~ずるいんですよ。色々連想させるワードがあるんですよ。

さっき、思ったよりは大丈夫だったって言いましたけどこの曲の疾走感で含みを持ったフレーズを次から次へ歌われて「うわあああああ」ってならないわけないんですよ……


「気高い」べる
「プライド」ヒロ/コウジ
「俺は皆のもの」ヒロ
「花火」いと/コウジ


これはずるいでしょ……
メッセージの「速水ヒロにもコウジにも姉ちゃんにも負けない~」がフラグになってたんですね~~なんだかんだリスペクトしてるんでしょうね……かわいいなあ


今までSideM楽曲を聴いてきた経験で歌い回しがやばいだろうなとは思ってましたが「とろけそうな」のとろけそうな歌声最高じゃないですか????
あと最後のロックスターの語尾。たまらないですね。歌い切ったぜ!!って感じでかわいいです。


クレジットを見たら分かるんですけど他の皆はコーラスに他の人がいるんだけどユウくんだけ無いの武器一つって感じで自信満々感出てるな~って思いました。


中二病っぽいというか自分に酔ってるような歌詞に目が行きがちなんだけど英語の部分を見てみると中1で習うような簡単なものな事に気付いて愛おしくなりました……


「かわいい」ばっかり言ってごめんね……きっと「かっこいい」って言われたいよね……かっこいいよ!!!!でも可愛さが勝ってしまう!!!!まだ12歳!!!!




いや~~もうどの曲も本当に最高でした!!買って良かったです!!
万が一まだ買ってない方がいたなら試聴で気になった曲だけでもiTunesなどで買って聴いてみてください!