脆弱最底辺

涙腺脆弱。記憶力ゼロ

THE IDOLM@STER SideM ST@RTING LINE -15 Legenders 感想

書き殴るだけ書き殴ってそのまま上げ忘れていた
10月26日にリリースされた
「 ST@RTING LINE -15 Legenders 」
についての感想を上げます。
全部に突っ込んでたらキリがないので今回はサクっとしてます。
因みに今日はSideM初のソロ曲アルバム「ORIGIN@L PIECES 01」の発売日です!


▽Legacy of Spirit

試聴した時からもうイントロの悪役感がすごくて、敵サイドアイドルのような、要するに961のような曲だなという印象でした。
三次元のアイドルグループでゴリゴリにかっこいい曲がデビュー曲というパターンは結構ありますが(SKE、NMBKAT-TUNなど)、二次元のアイドルグループではあまりないような気がして少し新鮮でした。

想楽くんの歌声が本当に耳心地が良くてたまらないんですよね……今からもうソロが楽しみです……
クリスは作中ではVo値が低い描写がありますが春名と同じ感じで、Vo値までは再現しない方向みたいですね。


各キャラに合った歌詞がナチュラルに盛られていたり、
「未来という星霜の先へ」せいそう。清掃。のダブルミーニングっぽい歌詞もあったりするんですけど
Legendersは明確なユニットコンセプトがないんですよね。
衣装はまとまっているしメタ的に偉人がモチーフになっているのは分かるんですけど、315世界でのユニットの売りがよく分からない。
そういうところはちょっとドラスタと通ずるところがあるのかな。
三次元のアイドルグループは明確なコンセプトがないグループの方が売れていたりするし(ちゃんとコンセプトがあるグループで売れてるグループもあります)
結局のところ、ビジュアル、ダンス、歌、パフォーマンス、曲、トークスキルなどの個々の武器があればユニットコンセプトの有無はあまり関係ないのかな、と。三次元しかり二次元しかり。

SideMのキャラクターは理由あってアイドルになるところがコンセプトになっていて本当にキャラが濃い上に各方面に詳しい人が多いから315世界ではきっとそこに目をつけて○○に詳しい人います?なんてオファーが日常茶飯事なんだろうな、と思います。
話が逸れましたが。




▽ドラマパート1

今までに聴いたことないくらい厳かなBGMから始まって少し動揺したまま聴いていくと雨彦が幽霊と会話している事が分かってちょっと笑ってしまった……


緊張を紛らわせるために好きなものの事を考えたらどうだ?と言われてとっさに「海の生き物しりとり」が出てくる古論クリス29歳やばくないですか??
好きなもののことを想像するだけでもいいし、スマホで映像を見る事も出来るのに真っ先に「しりとり」が出てくるの保母さんか子供のいる母親くらいじゃないですか??さては子持ちか??(ちがう)
しりとりする古論クリスisかわいい。
付き合ってくれる雨彦もかわいい。


クリスに「いけませんか……」って言われてちょっと折れて「因みに」と出る雨彦、翼と薫みたいな感じがして途端にクリスの頭に犬耳が見えてしまった……。雨彦優しい……
大学でもダラダラと海の話をしてしまっていたのに果たして時間内にきちんと喋り終える事が出来るのだろうか…


オーディションに落ちた子をライブに招待するって普通に考えたら有り得ないですよね……研修生とかならともかく……Pちゃん何考えてんだ……
圧倒的な差があったわけではないのなら余計悔しいし応援したくないと思ったりするものでしょう??候補生どんだけいい子なの……??それともやっぱり「絶対に倒す」って燃えてる子もいるの??これが別の作品ならば間違いなく他事務所でライバルとして出てくるパターンじゃないですか……


レジェは仕事は仕事って割り切ってると知ってどんな会話をするのだろうと思っていたんですけどチェスイベや今回のドラマパートで普通に仲良さそうというかフランクに話をしていてなんだか少し安心しました。
プライベートではあまり干渉しないみたいですけど。




▽ String of Fate

二曲目も一曲目同様、各キャラに合った歌詞で曲調も似た感じなんですけどLegacy of Spiritは相手に問い掛けるような内容でString of Fateは自分自身に問い掛けるような内容かな、と。そう考えると各ユニットのSLと同じですかね。

一曲目同様、ゴリゴリにかっこいいイントロからの想楽くんの歌声にやられてしまいます。




▽ドラマパート2

唐突のムンナイで死にかけた人少なくないはず……
と、思えばドラスタ口論が始まる。
薫「過失ならば無罪か?」名言。

翼「喧嘩終わったら呼んでください」
これやばくないですか??輝と薫の扱い慣れてきてる翼やばくないですか??夫婦漫才に突っ込む第三者のような、放任主義の母親のような。


クリス「漁港に集うボラのようにジャンプしました」
薫「それは比喩か?」
この二人はちゃんとした会話が出来るのだろうか……魚の解剖の話とかなら盛り上がるのだろうか……それはそれで見てみたいな……


候補生の話を出すのは賛否両論あるみたいですけど私は普通に号泣しました。
まあ強引過ぎる気はしますが。
忘れずにいつか来る展開を待つ候補生推しの方々へのサービスみたいなものかな、と。実際その候補生推しの人達からの評判が微妙な感じなのがなんとも、といった感じなんですけど……
純粋に私は彼らのオーディション時の一面をまた知れて嬉しかったです。


パクッとカエールはパックマン的なものなんだろうか?と気になってパックマンを調べたら1980年。桜庭先生が2014年2月(Мマス稼働)時点で26歳として1987年生まれ?……うーん……関係ないかな??

雨彦に乗せられる輝……まるで飲み会での上司と部下みたいだ……


翼「すみません……!自分より背の高い人ってあんまり会わないから、距離感が掴めなくて……」
背が高い人との距離感が掴めない翼やばくないですか??勘違いするモブテレビ局員とか出てくるでしょ??そっちの気が無くてもちょっとドキッとしちゃうでしょ??接触イベントに参加した高身長男性ファンとか街ロケで出会ったミーハー一般人とかが「柏木翼やばい距離が近い」って呟くやつでしょやばい


薫「おい、雑貨屋」
ごめん死ぬほど笑った……不意打ちはツボに入る……呼び方成長してないというか相変わらず初対面だとそういう呼び方なのはちょっと直した方がいいぞ
「掃除屋」「海洋学者」
桜庭薫、元ニートアイドルがいたら「おい、ニート」って呼ぶんでしょ??だいぶやばくない??ちょっと興奮しました。

電話に出る時の「はい柏木ですー」
この、翼っぽいふわっとした感じと社会で揉まれた感じの混ざった絶妙な声音、まだ見ぬ柏木翼って感じでとても良い。

この6人がファミレスにいる図、すごいな……目立つだろうな……




▽DRIVE A LIVE

古論クリスの英語の滑舌が良過ぎることばかりに気を取られますが、レジェ曲の強さとはまた違う強さと優しさを感じられて少し泣きそうになりました。
ドアラに関してはジュピドラの試聴で初めて聴いた時に「サビ、「行くぜっ!怪盗少女」じゃん……え……」と思ってしまった事があったのでいつも微妙な気持ちで聴いているんですけどやっぱり歌詞が沁みてしまって泣きそうになってしまうんですよね……




レジェについてはまだ分からない事が多く、少しでも分かろうと思ってとりあえず色々書き出してみていたんですけどやっぱりまだよく分かりませんね……本当にこれからが楽しみです!